利用しても問題ないサイトとは?

援助であれ、どんな出会いであれ、インターネット上では様々な利用者のニーズに応じたサイトがあります。

ですから出会いを求めるのであれば、いかなる形の出会いであれ実現できるのがネットの世界と言えるでしょう。

ただネット上には色々なサイトが存在します。

すべてが優良サイトであれば良いのですが、そういうわけでもありません。

中には危険なサイトも数多く存在しているのです。

ですからネット上の援助サイトを気楽に利用するのは、かなり危険なことでもあるのです。

それではインターネット上で良いサイト、安心できるサイトを探すにはどうしたら良いのでしょうか?

まず注目すべきことの一つとしてサイトのデザインがあげられます。

サイトのデザインがいかにもアダルト的要素が多く、いかにも卑猥な感じのサイトは気をつけた方が良いでしょう。

男性であれば、いかにもエッチなサイトに登録したくなるかもしれませんが、そのようなサイトには女性が登録しづらいため、場合によっては女性の登録者がいないということも考えられます。

あともっとも大切なのは料金体系です。

登録してみるまで、全く料金体系が道であるというサイトはまさに危険でしょう。

悪徳サイトには特に注意しなければなりません。

また、有料のサイトであれば安全面もしっかりしているのではと思いがちですが、必ずしもそうではありません。

有料、無料にかかわらず、安全面には徹底的に注意して利用すべきでしょう。

悪徳な援交サイトの裏側

悪徳業者にとって、サクラはとても重要な存在です。

以前は100%サクラしか存在しない援交サイトも非常に多く見受けられました。

利用者を騙してポイントをどんどん消費させていき、儲けを得ていたのです。

ポイントはそのまま援交サイトの収入となりますから、いかに多くポイントを使わせるかが大事なのです。

ですが、あまりにも悪徳援交サイトが増えてしまったために、いまでは悪徳援交サイトの実態が明らかになってきました。

手口なども色々ありますが、そのほとんどは一般人に知られています。

そのなかでもサクラの手口というのもよく知られるようになりました。

サクラか素人かを見破る方法は、

こちらからメールしていないのに勝手にメールしてくる

馴れ馴れしすぎる

会いたいなどを連発してくる

見たこともないのに素敵だとか好きだとか言ってくる

写メが可愛すぎる、綺麗すぎる

などがあります。

これらはあきらかにサクラです。サクラはこちらが何を言わなくても勝手に会話を進めていく傾向があります。

これは以前も今も変わっていません。こうした部分を見極めていけばサクラの被害に遭うことはかなり減るはずです。

サクラがいくら積極的にしてきても、会えることもなければメアドの交換もできるわけではありません。

サクラの相手をするということは単なる時間のムダ以外の何物でもありません。

どのような状況でどのような内容のメールを送ってくるかをしっかり見極めればサクラ被害というのはあり得ません。

返信をしなければどんどん色々なサクラからメールが送られてきますが、あまりにもサクラのメールが多いようであれば、その援交サイトに固執するのは賢明とは言えません。

サクラの目的はポイントの消費というだけで、出会いではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ